1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 赤ちゃん・子供の行動・成長
  4. 対称性緊張性頸反射とは?いつからいつまで見られる赤ちゃんの原始反射?

対称性緊張性頸反射とは?いつからいつまで見られる赤ちゃんの原始反射?

こんにちはコースケです。

今回は赤ちゃんの原始反射の一つ、対称性緊張性頸反射の特徴についてご紹介したいと思います。
赤ちゃんの原始反射は見られる時期が限られていますので、見逃さないようにしたいですね。

対称性緊張性頸反射(たいしょうせいきんちょうせいけいはんしゃ)ってどんな動き?

224226457eb6e9fcb819c08b6687d6f6_s

対称性緊張性頸反射(たいしょうせいきんちょうせいけいはんしゃ)は赤ちゃんをうつ伏せにして四つん這いになった時、頭を上げると、腕が伸び足を曲げ、逆に頭が下がると腕を曲げ、足が伸びる動きを指す反射です。

この動きは赤ちゃんがハイハイをするための動きを支える反射でこの反射が見られるようになると、赤ちゃんがハイハイを始められる時期の目安とされています。

対称性緊張性頸反射は赤ちゃんにとっては重力に逆らって動くための行動や視力の発達にも影響していると言われています。

対称性緊張性頸反射はいつからいつまで見られる?消失時期について

対称性緊張性頸反射は生後6ヶ月くらいから体の筋力などの発達に合わせて表れ、生後11ヶ月頃に消失すると言われています。

まとめ

対称性緊張性頸反射は赤ちゃんの原始反射の中では後の方に表れる反射ですね。

赤ちゃんの首が座って体が少しづつ動かせる力が備わってから、次のステップのハイハイに行くための原始反射が現れるという人間の体はとてもよく出来ているなーと感じる反射だと思います。

ウチの赤ちゃんはまだ生後5ヶ月になったばかりなので、四つん這いにしても、自分の体を支えて首を持ち上げる、足を少し動かすくらいまでですが、これから少しづつ表れてくるのでしょう。

いくつかの原始反射はすでに消失時期を迎えているので、知ってから見られなかったものもあるので、今回は赤ちゃんの行動をチェックしておきたいと思います。

iku076


\家事負担軽減しながらダイエット/

【PR】糖質制限のお弁当宅配サービス


\ SNSでシェアしよう! /

パパログ【はじめての妊活・出産・子育て・育児のお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパログ【はじめての妊活・出産・子育て・育児のお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • リトミックで音感・リズム感・社会性を育む|いつからできる?やり方は?

  • バビンスキー反射ってどんな動き?消失時期は?赤ちゃんの原始反射の種類

  • 1歳の子供の指しゃぶりの癖はずっと続く?指しゃぶり卒業を目指して

  • 赤ちゃんの笑顔の変化|生後2ヶ月からの社会的微笑

  • 赤ちゃんの顔の引っ掻きの対処法は?傷は消えるの?

  • 生後6ヶ月の赤ちゃんが大声で奇声を発して驚いた!どんな意味があるの?