逓減定期保険とは?収入保障保険との違い|出産後の保険の見直し

スポンサー




こんにちわコースケです。

逓減定期保険(ていげんていきほけん)は一般的に定期保険に分類される生命保険の種類の1つです。
収入保障保険と似た仕組みを持つことから、保険加入の際にどちらが良いか迷うこともあり、違いについてよくわからないといった方も少なくないですよね。

こちらでは逓減定期保険(ていげんていきほけん)の基本的な仕組み・特徴やメリット・デメリットについてお話しています。収入保障保険との違いについても触れていますので、逓減定期保険の基本に触れていましょう。

逓減定期保険の基本

逓減定期保険(ていげんていきほけん)の主な特徴は

  • 契約者が亡くなった時に保険金が支払われる死亡保険の1つ
  • 保険期間が終了すると契約が終了し解約返戻金は基本無し
  • 契約から年齢を重ねていくごとに受け取れる保険金は減少
  • 保険金の受け取り方は一時金として一括で受け取るのが基本

というのが基本となっています。

定期保険という名前の通り、基本的な仕組みは定期保険に分類されています。
また、逓減定期保険は収入保障保険と似た仕組みというのも特徴です。

加入から満期までの期間で契約当初の死亡保障額が最も高く、年々保障額が減っていきます。
これだけ聞くとちょっと損をしているように感じますが、その分、保険料が定期保険とくらべて安くすませられるというのが特徴です。

この保障額が減る内容については保険会社の商品によって変わり、加入後何年たってから保障額が下がるのか?何%ごと下がるように設定されているのか、最低いくらという点が生命保険会社ごとに違うため、比較ポイントとなります。

逓減定期保険と収入保障保険の違い

逓減定期保険と収入保障保険は仕組みが似ていますが、若干内容や保険金の算出などに違いがあり、取扱いについても違いがあります。

逓減定期保険は収入保障保険とくらべて

  • 保険料は高め
  • 取り扱っている保険会社が少なめでレパートリーが少ない
  • 保険金の受け取りが一時金

というのが違いと言えます。

大きな違いは保険金の支払われ方ですね。収入保障保険の保険金の支払いは年金という名称で支払われていき、契約者が亡くなってから契約期間の間月々決まった金額が振り込まれるというのが基本です。

それに対して逓減定期保険は契約者が契約期間中に亡くなった時点で一時金としてまとめて支払われます。

保険料の支払いについては定期保険と比べると安いのはどちらも同様ですが、保険金の受け取り方に違いがあるため、この点をもしもの時にどのような生活面を支える保険なのかを生命保険の見直しの際に考える必要があるわけですね。

逓減定期保険のメリット・デメリット

逓減定期保険のメリット

  • 保険料が一般的な定期保険と比べると安く抑えられる
  • 保障が必要な時期に保険金が高いので残された家族の生活が安定しやすい
  • 定期保険のように更新の度に保険料が上がらない

逓減定期保険のメリットは保障が手厚く必要な時期に受け取れる保険金の額が多いという点で赤ちゃんが生まれた20代、30代といった働き盛りで家のローン、これからの教育費などがかかるご家庭の中で大黒柱を失った時にしっかりと保障できる点が合理的であると言われています。

いわゆる三角の保険ですね。

逓減定期保険のデメリット

  • 掛け捨てであるため貯蓄性は無し
  • 収入保障保険や定期保険のよりも保険金の算出に計算が必要
  • 保険会社が取り扱う商品が少ない傾向

定期保険よりも保険料は安いが収入保障保険よりは高い傾向働き盛りの時期に万が一のことがあった時には非常に助かる保険ですが、逆に年齢を重ねていくごとに受け取れる保険金が下がるので、本当の意味で保険ということになりますね。

その分、ご家族のためという保険ではありますが、掛け捨てタイプであり、契約期間が終了したら保険金は基本もらえませんので、自分の老後のための貯蓄ということにはならない点でライフプランの中でその時期にあった保険に追加で加入する必要があるケースも考えられます。

また、一般的な定期保険の場合はもしもの時には一時金がいくら、収入保障保険の場合は亡くなった月から毎月いくらというように金額がわかりやすいですのが、逓減定期保険については年々、受け取れる保険金が下がる割合を計算する必要があるため、もしもの時にいくらもらえるのか、いくらあると安心なのかを計算するのに年ごとにわけて計算して予測を立てて保険の内容を決める必要が出てきます。

そのため、逓減定期保険に加入される場合には個人で選ぶよりもファイナンシャルプランナーなどのアドバイスを受けて家計の内容と将来に必要なお金を割出した上で保険を選ぶというのがおすすめなことが多いです。

まとめ

逓減定期保険の基本についてご紹介しました。
逓減定期保険は貯蓄型の保険とは違いますが、近年、各生命会社が商品を増やしている傾向にある定期保険といえます。

やはり万が一の時が来た時に保障の必要性が高い時期を手厚く支えられるという点と保険料が定期保険と比較して安く抑えられる点で注目されていると感じます。

子供が小さい時に万が一のことは考えたくはありませんが、自分にもしもの時があった際には残してしまう家族がせめて人並みに暮らしていけるように貯蓄だけでなく、保険で備えをすることは出産という時期には見直すべき時期だと、実感しています。

保険の見直しを検討されている方は逓減定期保険、収入保障保険などの知識も得つつ保険の比較をしてみてはいかがでしょう?

 

>> 定期保険の特徴・メリット・デメリット〜出産後の生命保険の見直し

>> 収入保障保険とは?定期保険との違い|出産後の保険の見直し

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です