特定疾病保障保険(三大疾病保険)とは?がん保険との違いは?

スポンサー




こんにちわコースケです。

2018年現在、日本人の死亡率の50%を占めると言われているのが、三大疾病です。
三大疾病とは

  • がん(悪性新生物)
  • 心疾患(心筋梗塞など)
  • 脳血管疾患(脳卒中など)

この3つとなります。

この三大疾病に対しての保障に特化した保険が特定疾病保障保険(三大疾病保険)です。
お子さんが生まれて働き盛りの時に大黒柱に万が一のことがあった時の安心に備える保険と言えます。

こちらでは特定疾病保障保険(三大疾病保険)の基本的な特徴、がん保険との違いやメリット・デメリットについてまとめています。

特定疾病保障保険(三大疾病保険)とは?

特定疾病保障保険(三大疾病保険)とは

  • 契約者が、がん(悪性新生物)、心疾患(心筋梗塞)、脳血管疾患(脳卒中など)になった時に特定疾病保険金が受け取れる保険
  • 契約者が死亡した時には死亡保険金が特定疾病保険金と同額受け取れる
  • 高度障害状態の場合にも高度障害保険金が受け取れる
  • 特定疾病保険金を受け取ると保険が終了する
  • 定期タイプ・終身タイプがある
  • 終身タイプは基本解約返戻金があるため、将来の備えにも活用できる

という特徴があります。

日本人の国民病とも言われる三大疾病のがん(悪性新生物)、心疾患(心筋梗塞など)、脳血管疾患(脳卒中など)に対する保障に特化した保険です。

どの病気も治療や手術に時間と費用がかかるケースが多いため、万が一に備えるという意味で加入を考える方が増えています。医療保険にも特約で付加されていることもありますが、より三大疾病に対して備えることをテーマとしていると言えるのが特定疾病保障保険(三大疾病保険)となっています。

ポイントはやはり、三大疾病に罹患した場合に特定疾病保険金としてまとまったお金が支払われるという点ですね。これによって経済的にゆとりを持ちながら治療にあたることができるのが魅力といえます。

注意点としては保険金が支払われた時に契約が終了するということで、何度でも保険金を受け取れるということでは原則無いという点です。

がん保険との違い・メリット・デメリット

がん保険はがんに対する治療や手術などに特化していますが、その他の病気に対しての保障はありません。また、死亡時の保険金もあるものの、給付金が少ない保険が多いです。そして貯蓄性についても高いとは言えません。

ただし、がんを治療する上で長い期間闘病するといった時にもサポートになる点ではがんに対しての保障が厚いのががん保険の特徴と言えます。

>> がん保険とは?保障内容や医療保険との違い・メリット・デメリット

特定疾病保障保険(三大疾病保険)のメリット

がん保険と比較した時のメリットは

  • がん以外の2つの三大疾病(心疾患、脳血管疾患)に対しても保障
  • 死因を問わない死亡保険金がある
  • 高度障害保険金も支払われる
  • 掛け捨てでない終身タイプでは解約返戻金がある

といった点でしょうか。

やはりがん以外にも罹患する可能性が高いと言われる2つの三大疾病にも備えることができる他、死因を問わない死亡保険金や高度障害保険金があるのがメリットと言えます。

捉え方としては死亡保険にプラスして三大疾病に対する保障がある保険というイメージですね。

特定疾病保障保険(三大疾病保険)のデメリット

がん保険と比較した時のデメリットには

  • がんや心筋梗塞、脳卒中になり特定疾病保険金を受け取ると契約が終了
  • 診断された時ではなく、所定の状態になった時に保険金が支払われる条件の細かさ
  • がん保険と比較すると保険料が高い傾向
  • がん保険に付加できる先進医療特約が無い
  • 再発時の保障が無い

という点が挙げられます。

注意点でもあるのが、三大疾病と診断されたら保険金が支払われるのではなく、保険商品に対して保険会社が定める「所定の状態になった場合」に対して支払われるという点です。

条件のハードルは低いとはいえず、がん保険と比較して保障の幅や死亡保険金といったメリットはあるものの、三大疾病にかかっても、現状では保険金が受け取れないということも起こりえます。

三大疾病保険に対する保険金支払い条件・所定の状態とは?

三大疾病に対する一般的な保険会社の支払い条件として多いのが以下のようなものがあります。

がんの支払い認定例

  • 契約から90日・3ヶ月を経過後に悪性新生物と診断
  • 上皮内がんや皮膚がんなどが対象外
  • 初めて悪性新生物に罹患した

などがあります。

がん保険と同様に責任開始日から一定期間が設けられている点や上皮内がんが対象外といったケースが多いですね。

心疾患の支払い認定例

心疾患(急性心筋梗塞)に対する支払い認定例としては
急性心筋梗塞を発病し、医師の診断を受けた日から60日以上労働の制限が必要と医師に診断された場合
というのがあります。

虚血性心疾患のうち狭心症を除き急性心筋梗塞のみを対象としている条件が基本となっています。

脳血管疾患の支払い認定例

脳血管疾患の支払い認定例では
脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞)を発病して、医師の診療を受けた日を含む60日以上、所定の後遺症(言語障害・運動失調・麻痺)が継続した状態と医師によって診断された時
というのが一般的です。

特定疾病保障保険(三大疾病保険)の加入検討ポイント

特定疾病保障保険(三大疾病保険)に対する保険会社の条件(所定の状態)は正直、ハードルが高いと感じる面が多いです。3大死因に数えられるがん・心筋梗塞・脳卒中に対する保障と聞くと手厚いと感じられますが、所定の状態にならないと保険金が支払われない、さらに一度の保険金受け取りで契約が終了するという商品が多いため、保険への加入期間などを検討した上で医療保険に加えて保障を手厚くするということをテーマにするのがおすすめです。

ただし、三大疾病は年齢が上がるにつれて罹患率が高まる病気ですので、将来に備えて加入をするというご家庭が増えています。

特に働き盛りの場合にはがんもそうですが、心筋梗塞や脳卒中への備えも必要です。その点を医療保険に加えて手厚くすることができるのが特定疾病保障保険(三大疾病保険)加入への検討ポイントと言えます。

また、解約返戻金がある終身タイプを選ぶことで、解約時にお金が戻ってくるという面も検討ポイントに上がると思います。

まとめ

特定疾病保障保険(三大疾病保険)の基本についてまとめました。
個人的には所定の状態への条件が、ネックといえるものの、働き盛りの方にとっては医療保険だけでまかなえない治療に対する備えになる面で加入を検討する方が多いという印象です。

がんに対する保障はがん保険の方が、手厚いため、それ以外の病気、そして死亡時の保険金がある点というところに注目しながら保険を検討する必要がありそうです。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です