共働きで家事・育児の分担はどうしてる?我が家の家事・育児分担



こんにちわコースケです。

共働き家庭で赤ちゃんが生まれて、さぁこれから育児生活が始まるという時に後々まで続く悩みは、ママ、パパの家事・育児の分担問題ですよね。

最初は手伝ってくれていたパパさんも仕事が忙しくなると、ついママさんにお任せということが増えてしまうという声は、周りの子育て中の友人からよく聞きます。

我が家も共働きで2歳の息子を育てています。育児時期の共働き家庭の家事・育児の分担は後々の夫婦関係にも影響してくるので、可能ならしっかりと取り組みたいところです。

それでも自分がどれくらい家事・育児ができていて、妻の負担を減らせているか?というのは疲れた顔をしている妻を見ると気になることもあります。

今回は共働きで子供を育てる我が家の家事・育児の分担をリスト化してみました。他にも同様に共働きで子育て中の友人・ママ友さんのお話も聞いてみました。

我が家の家事・育児分担リスト

まず、我が家の家事・育児分担リストをまとめてみました。

僕ら夫婦の仕事の時間について

仕事時間 休日
コースケ 10時〜19時※繁忙期は24時〜26時 基本土日休み
コースケ妻 8時45分〜17時 基本土日休み※土曜出社あり
コースケ
保育時間は標準保育の我が家、基本的には僕も妻もフルタイムということで、保育園を利用しています。お互い土日は基本休みですが、僕の場合は繁忙期になると土日も仕事をするのが基本です。妻も職場の状況的に土曜出社が月に1〜2回はあります。ですのでお互い育児には協力が必要な状況ということを再確認です。

次に実際の家事・育児分担をリスト化していきます。

記号は

  • ◯はメイン担当になっているもの
  • △は手が空いている方
  • ▼双方の事情によってやるがメインでは無い

という感じです。

家事分担内容

家事内容 コースケ
自分たちの食事作り
米炊き
洗濯・洗濯干す・たたむ・しまう ▼週末のみ
掃除 ▼週末のみ
庭の手入れ・草むしり
シンク洗い
ガスコンロ掃除
食器洗い
食事片付け
生活用品・食材の買い物 週に一度、一緒に買い出しが基本だが時々妻が仕事帰りに追加で買ってくることもある
トイレ掃除
風呂掃除
洗面所掃除
ゴミ捨て
ポストチェック
公共料金支払い
回覧板
町内会行事
コースケ
こうして見てみると、負担が多い食事作りや洗濯、掃除などを妻が負担してくれていることがわかります。妻が仕事で僕が子供と過ごす日などは自分が担当しますが日々の生活の中では妻が担ってくれています。お風呂掃除は息子をお風呂に入れる方が担当しています。

細々とした家事を自分がやっている感じで、このままだと妻のストレスも溜まっていきそうですね。

育児分担内容

 

育児内容 コースケ
食事作り
お風呂
おむつ替え
衣服の洗濯 週末のみ
歯磨き
爪切り
耳かき
寝かしつけ
洋服の管理
洋服の名前書き
保育園の事務的な準備
保育園の送迎
保育園の面談
保育園の行事(運動会や発表会など) 二人で参加するようにしています。
保育園からの呼び出しによるお迎え
検診・予防接種
子供の体調不良による病院への受診
子供が体調不良で休む時に休んで対応する方
子供が体調不良で休む時に休んで対応する方
コースケ

家事に続き、どんどん妻の負担が多いことが判明してきました。僕自身も少しは関われているかな?と思っていたのが恥ずかしいくらいの差となっていますね。。

朝は妻と息子を一緒に僕が車に乗せて息子を保育園へ、妻を最寄り駅へ送り届ける感じです。妻はバスで行き、僕が一人で保育園に送っても良いのですが、一緒に車で行ったが妻も楽なようで現在の形になりました。

ちなみに朝の保育園の準備は

  • コースケ:おむつ替え・着替え・顔を拭く・歯を磨く
  • 妻:朝食作り・食べさせる・保育園の着替え・食器・準備

という感じです。妻は仕事に行く準備もありますので、その分、少しでも自分がやろうとは思っていますが、大変部分は妻任せになっていることがわかりますね。。保育園の着替えなどの準備は前日にお迎えに行った僕が報告したものをその場で妻が準備していくという感じです。こうして見ると、報告じゃなくてお前が用意して入れろよという妻の声が聞こえてくるようです苦笑

周りの子育て中の友人・ママ友に聞いてみた

我が家の家事・育児分担リストを作ってみて、自分よりも妻の方が家事・育児負担が多いことがわかり、反省しなくてはと感じていますが、他のご家庭ではどうだろう?と思い子育て中の友人やママ友さんに聞いてみました。

家事分担のリアルなお話

ゴミ捨てや食器洗い、ゴミ捨てなどはやってくれるが食事作りはママが基本という声が多いですね。
ママさんのリアルな声としては正直やってくれるのは嬉しいけど、「やってるよ」という顔をされるとイラっとする、家事や掃除の仕上がりに不満を感じてしまうことがあるということでした苦笑「コースケ君もやってるよのドヤ顔は禁物だよ」と先輩ママからのアドバイスです笑

耳が痛いですね〜。

ただみんながそうというわけではなく、食事や掃除がママさんよりも得意なパパさんがいて、家事周りは基本ノータッチというご家庭があり、その分育児はママという感じで分けているご家庭もありました。後少し育児もやってくれたら完璧とのことです笑

育児分担のリアルなお話

もっとも多かったのがお風呂を入れるのはパパが担当というご家庭です。ですがその後の着替えなどはママが基本でボディケアなどはママがやっているということで、ほんの少しだけのゆっくりな時間ということですが、実際には着替えを準備したり、遊んでいたおもちゃを片付けたりと休めないというママさんが多いです。

子供の食事作りや着替え、おむつ替えなどもママさんが担当している家庭はやっぱり多かったです。

仕事で遅くなっていることでどうしても関われないというパパさんなりの感情があるようですが、共働きしている以上は中々苦しい言い訳になってしまうかもしれません。

保育園に関するリアルなお話

保育園はママさんが送迎しているという家庭が多かったですが、中には送迎をパパさんがやっていたり、朝はパパ、夕方はママというようにお互いの仕事の時間でやりくりしているようです。

最近、保育園の送迎をしていると朝にパパさんが来ているのをよく見かけるので朝はパパがという家庭は多いのかもしれませんね。

お迎えに行っているとたまに同じクラスの子供のパパさんが迎えにきていると、自然とお互いニコっと笑顔になります笑

まとめ

共働き中の我が家の家事・育児分担のリストと、同じく子育て中の共働き世帯のお話をご紹介しました。

今回、リスト化して思ったのは、想像よりも自分が育児に関われていないことですね。特に細々としたお世話を妻がしているのを何気なく見ていたことを思い出したわけですが、それを僕がやればその分、妻が休めるわけですので今後はその辺から意識改革していきたいと思います。

ただ、妻からすると手伝ってくれたり、やってくれるのは良いけどクオリティが低いと結局やり直さないといけない、もしくはやり方や、今やってほしいこと、今、それに時間をかけるな!的な感情になることもあるようですので、その辺は注意したいと思います笑

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です