1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 予防接種・検診
  4. 生後2ヶ月までに射った予防接種の種類と今後のスケジュール

生後2ヶ月までに射った予防接種の種類と今後のスケジュール

こんにちはコースケです。
少し前ですが、ウチの赤ちゃんの予防接種に行ってきました。

予防接種は赤ちゃんを病気から守るために必要なもので、定期的に射つ定期接種と、こちらの希望で射つ任意接種の2種類があります。
ウチの赤ちゃんも定期接種と病院などで勧められている任意接種を射ってもらっています。
今回はウチの赤ちゃんが射った予防接種の種類と直近の予防接種スケジュールを書いておこうと思います。

ウチの赤ちゃんが生後2ヶ月までに射った予防接種

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_s
生まれてすぐ射った予防接種

  • 抗hbs人免疫グロブリン(任意接種)
  • B型肝炎(任意接種)

この2種類は通常、任意接種ですが、ウチの妻がB型肝炎のキャリアのため、生まれてすぐこの2種類は接種しました。
ただ、この2種類も通常のスケジュールの場合は生後2ヶ月から接種を受ける注射で任意ですが、近年、予防の観点から接種させるママも増えているようですね。

1カ月検診時に射った予防接種

  • B型肝炎(任意接種)

B型肝炎の予防接種2回目を1ヶ月検診時に射ってもらいました。

生後2ヶ月時点で射った予防接種

  • ヒブ (インフルエンザ菌b型)(定期接種)
  • 小児用肺炎球菌(定期接種)
  • ロタウィルス(任意接種)

こちらは生後2ヶ月時点で受けられる基本的な予防接種ですね。

今後の予防接種のスケジュール

  • ヒブ (インフルエンザ菌b型)2回目(定期接種)
  • 小児用肺炎球菌 2回目(定期接種)
  • ロタウィルス 2回目(任意接種)
  • 四種混合(DTP+IPV)初回(定期接種)

 

予防接種は1回ではなく、同じワクチンを数回に分けて射つものがあります。
そのため、次の3ヶ月検診時に新たな予防接種と2回目の予防接種を受けます。

また、ある程度期間を空ける必要があるので、定期接種と合わせて、任意接種のスケジュールを組む必要もありそうです。

まとめ〜予防接種はかかりつけのお医者さんがあると便利

281270
予防接種は定期接種や任意接種がありますが、任意接種は保険適用外のため、どうしても費用がかさみます。
それでも、ある程度の予防接種は赤ちゃんのことを考えると必要だと思いますので、うまくスケジュールを組みながら家計にも負担が少ないように調整する必要がありそうです。

多くの方がそうかもしれませんが、自宅の近くや通いやすい所にかかりつけの小児科を見つけてお世話になることで、色々とスケジュールの相談もできますし、任意接種についても説明を受けられるので、予防接種はかかりつけのお医者さんで受けるのが個人的にはこれからお世話になっていくことも考えると良いと思いました。

予防接種は色々と種類も豊富でスケジュール、費用なども様々ですので、タイミングを見て調べてみたいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんのミルク作りに使える市販のミネラルウォーターは?

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 妊活にマカがおすすめされる理由とは?マカサプリの摂取量・注意点

  • 妊活に亜鉛が良い理由とは?男性・女性の摂取量・サプリの選び方

関連記事

  • BCG予防接種から38週間後(268日約8ヶ月)の注射跡|赤ちゃんのBCG経過記録(画像付き)

  • 保健師さんがやってきた!新生児訪問の流れ

  • インフルエンザの予防接種は熱がある時には射てない理由は?

  • BCG予防接種から30週間後の注射跡|赤ちゃんのBCG経過記録(画像付き)

  • 赤ちゃんのBCG予防接種後の注射跡|2歳までの経過記録まとめ(画像付き)

  • BCG予防接種から約65週間後の注射跡|赤ちゃんのBCG経過記録