1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 保育園・幼稚園
  4. 幼稚園の2年保育・3年保育の年齢・違いは?幼稚園はいつから入園する?

幼稚園の2年保育・3年保育の年齢・違いは?幼稚園はいつから入園する?

 2018/07/04 保育園・幼稚園
この記事は約 12 分で読めます。

幼稚園は3歳になったら入園するというイメージを持っていたコースケですが、実際には3歳から入園する3年保育、そして4歳になってから入園する2年保育といったお子さんによって入園の年齢が違うことがありますよね。

入園するタイミングというのはご家庭の状況もあるかと思いますが、それぞれどんな理由があるのか気になりました。
そこで周りの先輩ママさん、友人に幼稚園への入園タイミングについて話を聞いてきました。

3年保育、2年保育の選択は難しい所ですが、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてもまとめています。
3歳から幼稚園に入れようか、もう1年一緒に過ごそうかとお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

幼稚園の2年保育・3年保育の年齢とメリット・デメリット

まずは幼稚園の2年保育と3年保育のそれぞれの対象年齢や特徴、メリット・デメリットについてお伝えします。

幼稚園の3年保育

幼稚園の3年保育は満3歳になった年の4月から入園する子たちです。
3月の早生まれの子は3歳になったばかり、逆に4月生まれの子はもうすぐ4歳、もしくは4歳になっていることもあります。

3年保育ですので、幼稚園には小学校入学までの3年感通うことになります。
いわゆる年少さんから入園という感じですね。

幼稚園の3年保育が主流?

僕の周りの家族を見てみると、3歳から幼稚園という家庭の比率が多いです。特に保育園に入っていなくて家でお子さんと一緒に過ごしていたご家庭では、集団生活に慣れてもらいたいという思いから3歳から幼稚園というご家庭が多かったです。

ただ、仕事をしていて保育園にお世話になっていたものの、3歳のタイミングで仕事を一旦辞めてというタイミングの場合は幼稚園に入れるよりも、子供と一緒にゆっくり過ごしたいと考える方もいました。

3年保育のメリット

  • 集団生活の経験を早くから体験できる
  • お友達からの刺激や影響がたくさん
  • ママの息抜き時間ができる
  • 私立幼稚園の場合、習い事が始めやすい
コースケ
3歳になるまでママとたっぷり一緒に過ごせたお子さんの場合は、集団生活に慣れていくのに良いタイミングかもしれません。そして3歳という感受性がどんどん育つ時期に家庭以外の刺激をたくさん受けることが期待できますね。しかも今までお子さんとの時間で一日を過ごしていたママさんにとっては幼稚園に行っている間に少しだけ息抜きできるというのはメリットかなと思います。他にも私立幼稚園の場合は習い事の場もあることが多いので、3歳から習い事をと考えているご家庭の場合は負担が少なく始めやすいのもメリットかもしれませんね。

3年保育のデメリット

  • 集団生活についていけるかの不安
  • 環境変化に慣れるまでの労力
  • ママ友など他の人との関係性
  • 経済的な負担
コースケ
3歳になるまでママと一緒だったお子さんにとっては、ママと離れる時間というのがつらい時期があります。しかも慣れない場で生活をしたり、周りの子と同じように行動するといった生活に慣れるまでは苦労するという声も多いです。また、ママ友など周りの人との関係作りも必要になってくることもありますし、新たに幼稚園に通うということで、保育料などの経済的な負担が増える面がありますね。

我が家の場合は息子が早生まれですので、離れている子とは1年近く違います。そういった環境の中に飛び込むことの大変さは少し気になる所ですね。
トイレや食事といった面も周りの子と同じようにできるか不安という点を感じるママさんは多いです。

幼稚園の2年保育

幼稚園の2年保育は満4歳になった4月からの入園となります。
4歳からの入園ですので、年中さんからの幼稚園で保育期間は2年通うことになります。

お子さんが早生まれの場合、3歳から幼稚園に通わせて周りについていけるか不安というご家庭が2年保育を選択することもあります。
子供となるべく一緒に居たいという気持ちで選ぶ方もいます。また、仕事や家庭の都合で2年保育を選択するというケースも少なくありません。

2年保育のメリット

  • 子供と長く一緒に入れる期間が1年増える
  • 保育料などの経済的な負担が1年かからない
  • 早生まれの子にとって準備期間として過ごせる
コースケ
4歳までの間、お子さんとの時間をゆっくり持てるというのはママさんの考えによってはとても魅力があるかと思います。また、4歳まで保育料がかからないと考えると、その分違うことにお金を使ってお子さんへの教育などに使うこともできるなど、経済的な負担が1年かからないのもポイントです。

また、早生まれの子にとっては3歳からのタイミングよりも、4歳になってからの方が周りとの差を埋めるのにスムーズな場面があるようで、会話や理解力が3歳よりもある分、子供にも無理が少なく幼稚園に馴染めるケースもあるようです。

2年保育のデメリット

  • 集団生活の経験が少ないので慣れるのが大変
  • ママも3年保育組の子のママと馴染むのに苦労する
コースケ
ママとゆっくりとの時間が1年増える分、集団生活の経験は3年保育の子よりも少なくなります。その分、ママが生活面のルールや学力などをサポートして準備をしておかないといけないので、お子さんによって違いがありますが考慮したいポイントです。

あとは3年保育で幼稚園に通っているお子さんのママ友の輪に馴染むのにちょっと苦労したり、面倒に感じてしまうケースも考えられますね。

幼稚園の4年保育

一般的には3年保育、2年保育が主流な幼稚園の入園ですが、満2歳から入園する4年保育という選択肢を設けている幼稚園も増えてきています。
また、今後は認定こども園も増えてくるので、1〜2歳までは保育園機能にお世話になって、3歳のタイミングで幼稚園機能で過ごしてもらうといった選択肢も増えてくるかもしれません。
働くママさんにとっては様々な選択肢となります。

現在は4年保育を受け入れている幼稚園は少ないので、幼稚園の選択肢が少ないという状況だったりします。

3年保育・2年保育のママ体験談

3年保育と2年保育は両方にメリット・デメリットがあり、我が子をどのタイミングで幼稚園に入園させるか知れば知るほど悩みどころです。
先輩ママさんたちは3年保育、2年保育に対してどのような決断をして、どう感じているのか、周りの先輩ママさんに聞いてみました。

3年保育を選択したママ
生まれてから3歳までたっぷり一緒にいた分、私にべったりだったので集団生活に慣れさせたくて3歳から幼稚園に入れました。最初は毎日泣いていた息子も自然と先生や友達との関係に慣れてきて、今では「自分でやる!」が増えてきたので、自分だけでは教えられない生活ルールも自然と身についていると思います。

ただ、ママ友関係は合う人、合わない人がいるので、これが3年続くのかと思うとちょっと憂鬱になることがありました。

3歳まで一緒に過ごせている人は3年保育でも良いのでは?と思います。

3年保育を選択したママ
最初は風邪をもらったり、きかない子に泣かされたりと毎日、こちらも憂鬱になってしまうことが多かったです。でも気の合うお友達やママ友と知り合えたこともあり、1人で抱え込みがちだった子育ての悩みも自分だけじゃないと感じられるのが良かったです。

自分だけでは体験させてあげられない行事のイベントや他の子供と一緒に何かを作るということを早くから経験させられたのが良かったと思っています。

3年保育を選択したママ

子供が早生まれということと、私が甘やかしていたからか、3歳からすぐに幼稚園に入って周りの子との違いを感じることが多く、子供も苦労したと思います。体も小さいのでよく泣かされていたし、正直、2年保育にすればよかったと思うことの方が多かったです。

でもそれも1年間の苦労という感じで、今では集団生活にも慣れて元気にバスに乗っていってくれています。

2保育を選択したママ

周りが3年保育を選択する中、私は子供とまだゆっくり一緒に過ごしたいと思い、2年保育にしました。集団生活に慣れる前にまだまだ私からも教えたいこと、経験させたいことがたくさんあったこと、2歳後半から3歳になってコミュニケーションが取れるようになって子供との時間が楽しかったので、曜日を気にせずに二人で色々と遊び、お出かけ、勉強と充実した1年を過ごしてから幼稚園に入園させました。

最初は少しだけ寂しがっていた子供も、お友達と遊ぶということが今は楽しいが勝っているようです。幼稚園の苦労というのは感染症をもらってきやすい点くらいだったりします。私も納得行くまで子供と過ごせたので、2年保育を選択してよかったです。

ネットであるような集団生活に慣れるまで時間がかかるというのも個人差があるように思いました。

2保育を選択したママ

1歳から保育園に預けていて私も働き、ずっと忙しい日々でしたが、3歳のタイミングで仕事を辞めても生活面が安定してきたこともあり、幼稚園に入れずに1年子供とゆっくり過ごすことに。

3歳前まで保育園で集団生活や食事、トイレ、手洗い、着替えなどを教えてもらっていたこともあり、1年後の2年保育スタートでも集団生活の面は特についていけていないという感じではなかったようです。

今まで仕事ばかりだった分、家のこともあまりできなかったので、今は自分の時間も持ちつつ、家のことをしたりと夫も満足しているようで2年保育を選択してよかったです。

3年保育・2年保育どっちが良い?

3年保育、2年保育にはどちらもメリットがありますし、大変さもあります。どちらを選択するかは生まれてから3歳までどのような過ごし方をしてきたかでずいぶんと違いが出てくるように思いました。

また、ご家庭の教育の考えによっては早くにカリキュラムがある幼稚園で学びの時間を作るということも選択肢の中で重要なポイントになるかと思います。

3年保育が不安という方はプレ保育をしっかり体験してお子さんが集団生活に馴染めるか見ていくことで、判断材料になるかと思いますので、気になる幼稚園のプレ保育はしっかりと情報収集しておきたいですね。

まとめ

先日、すでに育てを卒業した姉から「息子君は3歳から幼稚園に入れるの?それとも4歳から?」というように言われたのですが、それは姉の子供も息子と同様に早生まれの子が一人いました。

3歳から幼稚園に入れたものの、周りについていくのに苦労した経験から、息子も4歳からで良いのでは?という意見でした。

個人的には息子は1歳から保育園に通っていて集団生活には慣れていると思います。今でも同じ年だけど月齢的に離れているお友達におもちゃを取られて泣いているということもよくありますし、今後もそれは中学、高校まで続く早生まれの大変さなのかなと感じています。

ですので3年保育を選択しても幼稚園という雰囲気に慣れることができれば、今までよりもママとの時間も増えますし、習い事も始められたりとメリットは大きいように思います。

ただ、2年保育を選択したママの中で我が家と同じように保育園からの転園したお子さんとの1年の話を聞くと、ものすごく魅力を感じています。3歳まで子供も妻も頑張ったから、逆に1年ゆっくりしてからでも良いのでは?と思うようになってきています。

僕自身も息子が生まれてからの慌ただしい毎日から、妻も子供もゆっくりと過ごす日というのに憧れと目標を持っていたこともあり、もしかすると、我が家は2年保育を選択するかもしれません。

妻的には3年保育を選択して、幼稚園に行っている間に自分の時間を楽しむという選択もあるかと思うので、この点は妻とじっくり話し合いたいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コースケ

コースケです。妊娠・出産・育児にまつわるお話を日々の体験を交えて書いています。現在、2歳の息子の育児真っ只中!妻にとって役に立つイクメンを目指しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2歳4ヶ月の子供の言葉や行動の成長と変化・イヤイヤ期の内容

  • 子供の着替え練習方法〜保育士さんに聞く2歳児の着替え練習のコツ

  • 3歳児の習い事の月謝相場は?人気の幼児向け習い事別の月謝と費用

  • 3歳からの習い事は何がおすすめ?ママ友に聞いた始めて良かった習い事

関連記事

  • 赤ちゃんが通う保育園の入園後初面談のお話|親が知らない子供の保育園での生活

  • 保育園と幼稚園の勉強への取り組みの違いは?地域にある幼稚園のカリキュラムをチェック

  • 赤ちゃんが保育園に慣れるまでの期間はどれくらい?1歳からの保育園生活

  • 保育園の無償化はいつから?幼児教育・保育の無償化の対象年齢は?

  • 保育園の慣らし保育3日目を終えた感想|慣らし保育の内容とスケジュール

  • 保育園での個人面談|2歳児クラスになって初めての面談での質問内容